そっか!の新規展開Unicul LABORATORY

去る6月25日(日)、会津若松市が主催する「グローバル人材育成事業」において、ワークショップを実施しました。

「グローバル人材育成事業」は、次世代を担う会津の高校生を対象として、ネイティブとの会話で英語力を伸ばす「英語カフェ」、JICA二本松へのフィールドワーク、東京でのサマーキャンプなどのプログラムで構成されています。
http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/docs/2016042200023/

Uniculはその中で、高校生がプログラムを通して得た経験を咀嚼したり、それをもとに自分や社会を見つめるお手伝いとして、2回のワークショップを実施することになっています。
今回参加してくれたのは、会津若松市やその近郊に住む高校生約25人。
どんなワークショップだったか、ちょこっとだけ紹介させていただきます。

<前半>グローバル人材育成ゲーム
「グローバル人材」とは、どんな力を持った人だろう?どんなふうに世界・日本に貢献する人なのだろう?
「あっこちゃん」という大学生の女の子はグローバル人材としてどんな人生を歩むのか、ゲーム形式で自由に楽しく考えました。
「こんな人を助けるんじゃない?」「でもここで上手くいかなくなっちゃって…」という真面目なものから、「出会った外国の人と結婚する」なんて楽しいものまで、たくさんのアイデア。
最後に、まとめとして発表したあっこちゃんの「人生年表」はみなとてもユニークで、「グローバル人材」とはどんな人なのか考えていくための良い入り口となりました。

<後半>自分を見つめ直す
いまの自分に影響を与えている3つのエピソードを選び、グループの仲間にシェア。
楽しくお互いのエピソードについて話しているうちに、自然と自分を形作る「キーワード」が見えてきます。
3つのエピソードをすらすらと書ける子から、1つめのエピソードで考え込んでしまう子まで様々でしたが、グループファシリテーターや仲間の助けも借りながら、自分を振り返ることができたようでした。

次回は7月24日(日)。より踏み込んで、これからわたしたちが直面するグローバル社会とは?その中で自分はどうする?といったことを考えていきます。
スタッフ一同、参加してくれた高校生のみなさんと再会できるのがとても楽しみです!

1_IMG_2324 2_IMG_2311

3_IMG_2305 4_IMG_2333

5_IMG_2330 IMG_2301