そっか!の新規展開Unicul LABORATORY

現在、Unicul Laboratoryでは<Queque>を運営する大学生・大学院生のメンバーを募集しています。
高校生に「自分の未来の描き方」を一緒に伝えてみませんか?

関わり方は2通り。
①活動に深く関わりたい方:
コアメンバー
…高校でのプログラムの企画段階から当日の実施まで、中心になって運営します。

②そんなに時間はとれないけど、都合の良いときに活動に参加してみたい!という方:
ワークショップメンバー
…高校でワークショップ形式のプログラムを実施する際に、当日の運営を担います。

①コアメンバー

■活動内容
・高校でのプログラムの企画・運営(1高校を1~2人で担当して運営します)
・Unicul Laboratoryの組織運営
<詳細>
コアメンバーは4つのチームに分かれて活動しています。関わり方は様々です。
特に広報に興味がある方、大募集中です。
【総務】新規実施校の開拓、プログラムの内容検討
【広報】SNSでの情報発信、ウェブデザインなど
【人事】メンバー募集のためのイベント企画
【運営】全体MTGの指揮、会計、その他組織運営

■活動頻度
コアメンバーのみでのミーティングが2週に1回あります。(土日のどちらかに2~3時間程度)
その他の活動頻度は、担当する企画により異なります。

<高校企画の正副責任者になった場合>
高校の先生との打ち合わせや、当日スタッフとの打ち合わせが不定期にあります。
普段は大体週1回程度顔を合わせた打ち合わせ、残りのやりとりをオンラインのチャットで行っているイメージです。高校でのプログラム実施前後1週間は直前の準備や反省会・アンケート集計などで忙しくなります。

<運営・広報などの事務作業を担う場合>
基本的にはオンラインのチャットで各自の担当する仕事を進めます。

■備考
高校でのワークショップは平日の日中(高校の授業時間または放課後)に行われる場合が多いので、
週1~2日、平日に半日程度まとまって空いた時間があると活動しやすいです。

■活動から得られること
・立ち上がって2年程度の団体なので、組織づくりや活動の拡大の過程を自ら担うことができます。
・高校でのプログラムの設計から当日の実施、当日スタッフのマネジメント等を一通り経験できます。
・高校の先生とのやりとりや、高校でのワークショップ実施を通じて、教育現場の現状・課題を直に知ることができます。
・高校生の将来を一緒に考える中で、大学生の側も自分の歩みを振り返り、将来について考えるヒントを得ることができます。
・何より楽しい!

mtg IMG_1273

②ワークショップメンバー

■活動内容
高校でのワークショップにて、「グループファシリテーター」として
高校生4名程度のグループに入り、ワークショップの進行をサポートしていただきます。

■活動頻度
ワークショップの開催1ヶ月前に、当日スタッフの募集の連絡が流れます。
都合の良い回に参加表明をしてください。
1回のワークショップにつき、当日と最低1回の事前打ち合わせ(2時間程度)に参加していただきます。
※高校でのワークショップは平日の日中(高校の授業時間または放課後)に行われる場合が多いです。

■活動から得られること
・初対面の高校生とのワークショップを通じて、対話・傾聴といったコミュニケーションのスキルが身につきます。
・高校生の将来を一緒に考える中で、大学生の側も自分の歩みを振り返り、将来について考えるヒントを得ることができます。
・教育現場の雰囲気を直に体験することができます。
・「教育」について熱い思いをもった人たちと一緒に活動することができます。
・多様な大学、学部から集まった学生と交流することで、様々な刺激を得ることができます。
・何より楽しい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA workshopmember_2

※コアメンバー・ワークショップメンバー共通
・大学・専攻・学年不問です。
・主な活動場所は文京区湯島地域活動センター(本郷三丁目)、賢者屋(新宿)、東京大学本郷/駒場キャンパスなどです。
・会費等はありませんが、活動に伴う交通費は自己負担となります。

 

参加までの流れ

①応募
以下のフォームよりご連絡ください。

②面談
担当者より、活動内容や進行中の企画について詳しくお話させていただきます。
ご希望があれば、ミーティングや高校でのワークショップを見学していただくことも可能です。

③活動参加
コアメンバーの方はミーティング、ワークショップメンバーの方はワークショップの打ち合わせ・本番に参加していただきます。

 

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

ご所属

メールアドレス(必須)

題名

メッセージ本文