Unicul Laboratory

2021年6月4日、Unicul Laboratoryは一般社団法人となってから3周年を迎えることができました。
いつも活動を支えてくださっている皆さまのおかげです。メンバー一同、心より御礼申し上げます。

*****

法人化2周年を迎えた昨年6月4日から、この1年間の3大エピソードを振り返ります。

<エピソード① 中学校でオンラインワークショップを実践>
コロナ禍で対面のワークショップが実施できない中、団体内で初めてオンラインでのワークショップを実践したのが昨年4月。
何度も団体内で試行を重ねつつ、2020年7月からさいたま市立大宮国際中等教育学校にて実践させていただき、団体として大きな一歩を踏み出しました。

【開催報告】大宮国際プロジェクト:中学校で初めてのオンラインワークショップを実施しました!

<エピソード② コロナ禍でも、会津へ、伊那谷へ>
これまで毎年お世話になってきた福島県会津若松市と長野県伊那谷地域。
コロナ禍で事業がことごとく中止となってしまい、一度は絶望の淵に立たされたメンバー一同でしたが…「何かできないか」と諦めず奔走。
結果、会津若松市では、市・教育委員会さまと共催という形で、今年2月〜3月にかけ、オンラインでの企画を中高生に届けることができました。

【開催報告】会津★夢☆発見プロジェクト~高校生の部~を開催しました

※伊那谷地域でも、対面での「伊那谷みらいスクール」の開催はかないませんでしたが、
事前セミナーという形で、たくさんの高校生と接する機会を頂きました。ご協力を頂いた皆様に、改めて御礼を申し上げます。

<エピソード③ コアメンバー数が40名を突破、中には…!?>
法人化以降、毎年10名ペースでメンバーが増えているところ、
有難いことにこの春もたくさんのご応募をいただき、コアメンバー数が40名を突破しました。
中には、「中学生の時に未来人財育成塾に参加して、ずっとUniculに入りたくて!」というメンバーや、「伊那谷で高校生のときにワークショップに参加したのがきっかけで・・・」というメンバーもいて、嬉しい限りです。さらには、この春から、海外在住のメンバーも活動に参加しています!

*****

コロナの影響で、完全にオンラインでの活動に切り替えて、はや1年以上が経ちます。

先日、久しぶりに対面でのワークショップを実施させていただける機会がありました。
運営メンバーも大半が対面でのワークショップ初体験(さらには、メンバー同士もリアルで初対面)でしたが、とても楽しく充実した時間で、感慨深い一日となりました。

一方で、まだ緊急事態宣言も続き、依然として中高生の「将来」を考える機会や課外活動が制限されている状況です。
この1年間、オンラインで様々な地域でのワークショップを開催させていただき、中高生の悩みにも触れる中で、
これからも、「オンラインだからこそ、届けられること」もたくさんある、と実感した1年間でもありました。

設立以来長らく続けてきた、対面で創り上げる場の価値。
オンラインだからこそ届けられる価値。
ーまだ不安な状況が続く中ですが、両方の価値をこれからもますます磨き続けて、
一人でも多くの中高生に「未来を描き、切り拓くチカラ」を届けていきたいと思います。

まだまだ未熟な部分の多い組織ではありますが、「誰もが、自分の人生に納得感とオーナーシップを持って、それぞれの未来を歩んでいける社会」を目指して、これからも真摯に活動を進めてまいります。
今後とも、ご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。

2021年6月4日
Unicul Laboratory メンバー一同

★写真は、5月に開催した今年度最初の全体ミーティングの様子です。一時は、参加者がzoomの1画面に収まりきらない事態に(!)これも団体史上初の出来事でした。

★Unicul Laboratoryでは、活動を月額寄付の形で支えていただくマンスリーサポーターを募集しております。
ぜひご支援のほど、よろしくお願いいたします。
「応援する」ページへ進む