Unicul Laboratory

一般社団法人Unicul Laboratoryでは、オンラインでのキャリア教育ワークショップの提供を行っています。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大は一向に収まらず、2021年も引き続き、大学生・社会人を招いての対面授業や地域での職業体験の機会は限られてくることと思います。
Uniculではコロナ禍の中、全国の公立中学校・高校において、既に数件のオンラインワークショップを実施してきました。
年度内・来年度の実施について、ご関心をお持ちの先生方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

▼たとえば、以下のようなニーズに対応可能です。
・進路選択の参考に、大学生・社会人の話を聞かせたい
・進学先・就職先の選択の参考にするために、自己分析に取り組ませたい
・進路選択における「やりたいことは何か」考える機会をつくりたい
・進路選択の方法を学ばせたい、大学生・社会人と一緒に考えさせる機会をつくりたい

▼これまでの実績
・福岡県中間市立中間南中学校(2020年5月)
 「先輩から学ぶ、進路選択のリアル」をテーマに、大学生3名と社会人1名がプレゼンを行いました。
 http://unicul-lab.net/archives/4556/

・福岡県希望が丘高校(2020年5月)
 「大学進学を目指す高校生に向けて」をテーマに、大学生4名がプレゼンを行いました。
 http://unicul-lab.net/archives/4619/

・埼玉県さいたま市立大宮国際中等教育学校(2020年7月〜12月)
 「2030年を生きるためのキャリア教育」をテーマに、約半年間、Uniculのキャリア教育プログラム<Queque>のアップデート版を計6回で実施しました。
 https://note.com/unicullaboratory/n/n03e2d4143906
 ※<Queque>についてはこちら

・「会津★夢☆発見プロジェクト」(2021年2月・3月(予定))
 福島県会津若松市・会津若松市教育委員会との共催で、地域の中高生を対象に、<Queque>ワークショップをオンラインで実施予定です。【参加者募集中】
 https://peraichi.com/landing_pages/view/aizu-dream-hs

▼Q&A
・対象学年や受け入れ可能人数は?
 →ワークショップの内容をアレンジすることで、概ねどの学年でも実施可能です。講演や座談会形式であれば1コマあたり数十名、ワークショップであれば1コマあたり20名程度が目安ですが、ご相談ください。

・オンラインでのワークショップはハードルが高く感じます
 →機器・使用ツール・実施形式など、学校などの状況に合わせ、適した方法を提案させていただきます。一定のノウハウの蓄積がありますので、まずはお気軽にご相談いただければ幸いです。

・費用はどれくらい?
 →対面実施の場合、ワークショップ提供費として1コマ(2〜3時間/20〜30名程度)数万円程度ご負担いただく場合が多いですが、オンラインでの実施であること、また学校などの状況も踏まえ、柔軟にご相談させていただけると幸いです。

▼お問い合わせ先
こちらのフォームよりご連絡ください。3日以内に担当者より返信させていただきます。