ユニカル・ラボラトリー

menu

【開催報告】会津★夢☆発見プロジェクト~高校生の部~を開催しました

2021年2月に、「会津★夢☆発見プロジェクト~高校生の部~」の計3回のワークショップをオンラインで開催しました。「会津★夢☆発見プロジェクト」は、会津若松市さま・会津若松市教育委員会さまとの共催にて、Unicul Laboratoryが今年度初めて開催したオンラインの企画です。

Uniculでは、2015年より会津地域の中学生・高校生を対象とした市の事業の運営を担当させていただいていますが、今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、事業が中止となってしまいました。こうした中、会津の中高生にオンラインで機会を届けたいという想いから、新たに企画を開催することとなりました。

2月に開催した「高校生の部」では、「将来の描き方・考え方を学ぼう」 「様々な価値観に触れよう」をテーマに、以下の3回のオンラインワークショップを行い、5名の高校生が参加してくれました。

第1回 2月11日(祝) 人生路線図ワークショップ/「地域企業の方と話してみよう」
第2回 2月21日(土) ピクトグラムワークショップ
第3回 2月28日(土) 無人島Questワークショップ

第1回 人生路線図ワークショップ/「地域企業の方と話してみよう」

第1回は、会津若松市の「スマートシティAiCT」に入居するSAPジャパン株式会社の皆様にご協力いただきました。

まずは、SAPジャパン様のご紹介を聞き、グローバル企業の地域での活動について知りました。続いて、福島出身の社員の方にこれまでの歩みをお話いただき、背景にある「軸」や「価値観」について深く理解するための質問を考えて実際に投げかけました。また、「お手本となる人」というビジョンを描いたり考えたりする方法も組み込んでいます。

お忙しい中、貴重なお話を頂いたSAPジャパンの皆様に心より感謝申し上げます。

第2回 ピクトグラムワークショップ

ピクトグラムワークショップは、自分のこれまでの歩みを振り返り、自分自身について深く知り、今の時点で納得のいく自分らしさ・将来在りたい姿を描きました。

過去を振り返ることで、よりはっきりとした未来を描くことができるのです。そして、他の人との対話から多様な視点、思考の整理、安心感、自信など、1人では考え出せない学びがあることを知ってもらうことができました!

第3回 無人島Questワークショップ

無人島Questワークショップは、夢を実現するためにどのようなステップが必要なのか、また、プラン通りに進まなかった場合にどうするのかを考えました。

「なりたいもの」「やりたいこと」が見つかったらアクションプランを立てること、目的地を比較することで「やりたいこと」「なりたいもの」の中に隠れていた譲れない「大切にしていること」が見えてくることを知ってもらいました!

全3回のワークショップを終えて

全3回のワークショップを通して、高校生からは以下のような感想をいただきました。

・やりたいことを沢山言語化できてよかった
・初めて自分のことをこんなに振り返って、考えたので、新しい発見がたくさんできた
・自分が大切にしている考え方も知れて、とても良い経験ができたと思う
・夢の叶え方は多種多様であることを学ぶことができた

今回の企画は、中学生の時に「プラチナ未来人財育成塾@会津」に参加したメンバーをはじめとする、大学1年生のメンバー3人が中心となって運営しました。

私自身、中学生の時に未来人財育成塾に参加したときは、ワークと自分について考えることにいっぱいいっぱいでしたが、今回運営側としてこのプロジェクトに参加し、「このワークではこんなことを考えてほしい、こういう発見をしてもらいたい」という強い想いや、本番の前にたくさんの準備があったことが驚きでした。運営側として、「高校生に当日こんなことを考えてみてほしい」とか、「このワークを通してこんなことも知ってほしい」を、どうしたら高校生に伝えられるのか考えるのは大変でしたが、とてもワクワクして楽しかったです。

最後になりましたが、参加者・保護者の皆様、会津若松市企画調整課、教育委員会の皆様、SAPジャパンの皆様、会津★夢☆発見プロジェクト〜高校生の部〜に協力していただいた、全ての方々に感謝します。本当にありがとうございました!

(館)