Unicul Laboratory

さいたま市立大宮国際中等教育学校の中学2年生17名を対象として、「人生路線図ワークショップ」と「冒険の宇宙ワークショップ」をオンライン形式(zoom・miro)で実施しました。

Unicul Laboratoryは大宮国際中等教育学校において、「2030年を生きるためのキャリア教育」を提供することを目指し、<Queque>のアップデート版の企画・運営に取り組んでおります。

【お知らせ】さいたま市立大宮国際中等教育学校にて、新たなキャリア教育プログラムを開発・実践します

このたび、全5回を予定しているワークショップのうち、第1回を7/11・8/1の2回に分けて実施しましたので、その様子をレポートしました。以下のnote記事をぜひご覧ください!

【活動報告】大宮国際プロジェクト:中学校で初めてのオンラインワークショップを実施しました!(note)

第1回のワークショップは、本来は4月に対面で実施する予定だったところ、コロナ禍の影響を受け一旦延期になったものです。
改めての実施調整にたっては、感染拡大の状況を鑑み対面での実施は難しいと判断し、オンライン形式へ移行することとなりました。

オンラインでのワークショップは、4月から団体内で実践を重ねてまいりましたが、今回が実質的に学校現場での初実践の機会となりました。
スタッフ一同、年明けからほぼ毎週末ミーティングを重ねてきており、今回の企画・運営にあたっても、時間をかけて入念な準備を行いました。第1回Part1の終了後、参加してくれた生徒のみなさん(しかも全員!)から、「楽しかった!」というコメントをいただけたことは、本当に嬉しい限りでした。

なお、以下の記事では、大宮国際プロジェクトが立ち上がった背景やプロジェクトに込めた思い、またオンラインでの実施に至るまでの経緯について、代表・永野が語っています。2030年に向けた「働く」を取り巻く変化、そしてビジョンに基づいて「仕事を選ぶ、組み合わせる、創る」ことの重要性、そして大宮国際プロジェクトの実現への道のりについて、紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

「2030年を生きるためのキャリア教育」を目指して:仕事を選ぶ、組み合わせる、そして創る(大宮国際プロジェクト活動報告)(note)

学校現場における <Queque> のオンラインでの実施や、オンラインワークショップのノウハウ提供など、弊団体で何かお手伝いできそうなことがございましたら、お問い合わせ よりお気軽にご連絡いただければ幸いです。